英国。色々あるけど住んでます。

イギリス生活の日記とか回顧録みたいなもの

おぼろ月夜

この時期になると、イギリスのあちこちの畑には菜の花が咲き始めます。うちの街のハズレの畑もちょっと黄色くなり始めたので禁断症状が出始めてます。

黄色い絨毯が見渡す限りブワーッと広がっててなかなか壮観なんですが、ぜーんぶ油を取るためのもので食用のものはなく、毎年毎年遠くから指をくわえて眺めているだけの日々です。

一度自分で育てることはできないもんかと調べてみたこともあるのですが、油用と食用では種類が違い、食用の種はなんだかこちらでは入手が難しそうだったので断念しました。

イギリス人農家さんに「菜の花って美味しいんだよ!」と宣伝したいところではありますが、試食品も作らずに訴えても誰も相手にしてくれないでしょうね…菜の花とベーコンのパスタなんて簡単に作れるし、小洒落たブランチが大好きな意識高い系のロンドンっ子に売れそうなんだけどなぁ。

知り合いが以前、日本でも有名どころのシェフであるジェイミー・オリバーの事務所で働いていたことがあるそうなんです。彼女と出会ったときにはもう別の企業に転職しちゃってたんですが、前職のツテで「食用菜の花普及運動」ができないもんか、などと他力本願なことを思ったりしちゃいました。

ジェイミーは割と日本食びいきなところがあるから食いついてくれるんじゃないかなー、と。イギリスで「UMAMI(旨味)」という言葉を普及させたのは彼ですからね。

以前、ジェイミーのYouTubeチャンネルでラーメンを作ってて、菜の花っぽいものが映ったので動画を一時停止&コマ送りしてまで確認したのですが、単にブロッコリーの若芽でした…

菜の花のあの苦味がたまらないのですが、どこかに売ってないものか、この時期になると頭の中は菜の花のことでいっぱいになる食いしん坊な私です。

なお、ジェイミーのラーメンはなかなかに突っ込みどころ満載ですが、別のものだと思って見るとそれはそれでアリ、と思わなくもないかもしれないです。

使ってる麺がどう見ても蕎麦、とか。でもイギリスでは「かんすい」は食品に使っちゃいけないので日本で食べるラーメン用の麺ってのは作れないんだと知っていれば納得してみていただけるかと。

www.youtube.com

今世の中はそれどころじゃないのはわかってますが、わかってるからこその現実逃避でした。

 ↓これならすぐ入手可能ですが食用不可↓

店員さんにも感謝を!

ボリスもチャールズも陽性反応が出たそうで。まあ、お二方はいろんな人に会う職業ですから、あんまり驚いていないというか、なんにせよ症状も軽いとのことですがお大事に。

本日朝、食糧が尽きかけてきてしまったので気合でスーパーまで行きました。

到着したのは開店から2時間弱程だったんですが、入店制限がかかっていたので駐車場に「一見すると」長蛇の列ができていました。

しかしそれぞれが2m以上間隔を開けて並んでいるので、見た目ほど時間がかからずに店内に入ることができました。多分私が到着した時点で並んでいたのは40名ほどだったんじゃないかと。

商品の方は若干空きが目立つ棚があるものの、以前写真を載せたような「何もかもからっぽ」状態ではなく必要なものはほぼ買う事ができました。

ビールだけはやっぱりからっぽで、オットのリクエストは叶えてあげられませんでしたが。

まとめ買いも制限がかかっており、通常商品は3つまで、人気商品は2つまでとなっていました。「お一人様○個まで」には慣れているので、気にせず必要なものをカゴに入れてさっさと出て行こうと思っていたのですが、レジで「これは3つまで?じゃあこれいらないわ。これは2つまでなの?でも違うブランドだからいいじゃない!」などといつも以上に時間がかかってました。

一人当たりが買い込む量がいつもより多い上にそんな会話が毎回繰り広げられているので、外で入店を待っている時よりもレジに並んでいる方がよっぽど長かったです。

ようやく自分の番になり、店員さんが先手を打って色々質問してきたのですが、私は一応オールクリアで会計をしてもらえました。スキャンしている間に「商品の棚に『これは何個まで』って張り紙したら店員さんも楽なんじゃない?」と何気に聞いてみたら「在庫状況と連動してるから、時間の経過で制限がかかったり解除されたりするのよ〜。だからレジで確認するしかないのよね。めんどくさいでしょ?ごめんなさいね」と言われちゃいました。

店員さんの方がよっぽどめんどくさいでしょうに…ホントお疲れ様です。

店を出て車に買い物袋を積み込んでいると、列の整理をしている店員さんが「最後尾はこちらでーす!50分待ちでーす!」と叫んでました。ホントにホントにお疲れ様です。

↓待ってる間にすごく欲しくなったもの↓

f:id:YOME:20200328000222j:plain

イギリス人、ちゃんと並ぶの図

うちの街の学校事情

昨日ちょろっと書いた「女子高生」で思い出した小噺。

我が家の前を行き交う女子高生は、我が家の近所にある女子校の生徒さんたちです。

Grammar Schoolなので一応優秀な生徒さんがいるのですが、そこはやはりお年頃の女子の集団ですのでお洒落をしたりちょっと羽目を外したり、たぶん体育の授業だと思いますが、たまにどこぞのアイドルでも来たのかと思うくらいの歓声というか叫声が聞こえてくることもあります。不意を突かれると結構びびります。

街の反対側には男子校のGrammar Schoolもあり、中間地点の公園ではお昼休みや下校時刻に何気にデートしちゃってる生徒さんたちもいて、アオハルってやつですね。

さて、上の子の学校には、この街が地元で今も住んでいるというお父さんがおられます。

このお父さんは街の男子校出身の人で、送迎の時間にたまにお話をすることがあったのですが、地元Grammar Schoolの実情を教えてもらってちょっと笑えました。

イギリスでは、Grammar Schoolの後でさらに大学に進みたい生徒はSixth Formという高等教育を2年受けてからAレベルを受験して進学する形になるのですが、Sixth Formは共学で、さらに女子校の方の敷地に校舎があるので、男子校の生徒たちはかなり必死になってお勉強をするのだそうです。

モチベーションがそっちか!とツッコみたいところではありますが、一生懸命にお勉強して結果を出せるのであればそれも良し、ですかね。

しかし昨年Sixth Formの校舎が別棟に新築され、出入口も別れてしまったそうなので、これからは女子校の生徒さんたちも必死になってお勉強してくれることでしょう。

うちの子たちもそうなるのかしら…?それはそれで、結果が良ければ気がつかないフリをするべきですかね。

ずっと共学で育ってきた私には少々わからない世界です。

↓もはやコスプレ扱い↓

 
そして:
NHSの職員さんたちを称賛し感謝するため、26日夜8時にみんなで拍手をしようという運動がありました。
我が家のある通りは高い建物もない上に、中途半端に田舎の方なので音の反響もなくあんまり盛大にはなってませんでしたが、多分結構な住人たちが参加していたように聞こえました。
ロンドンの中心地とかは映像を見る限り結構すごいことになってたみたいです。
ロイヤル3きょうだいも昼間のうちに映像を撮ってたようでスカイニュースに上がってました。みんな大きくなったなぁ。

今日はもうこれくらいしか…

世の中が静か。我が家のある通りは普段は割と交通量が多いんですが、1日を通じてめっちゃ静かです。登下校の時間には女子高生がきゃいきゃい黄色い声をあげながら通り過ぎていくのに、当たり前ですが今週はまーったくそれもなく。

昼日中だというのに、空気の入れ替えで窓を開けるとご近所の赤ちゃんが泣いている声が聞こえるというのは、なんというか異次元にいつの間にか入り込んじゃったような気分になります。もしくはホラー映画。

そして全然出かけないから、頑張って作ったハンドサニタイザーも除菌ウェットティッシュも正直出番がありません。いや、これはいいことなんだと思いますけどね。うん。使用期限とかあるのかわからないので、ティッシュの方はお掃除に使って正しく消費。

今日も上の子が筆記体の練習をしている間に、週末に運よく見つかったビールのパックを開けて冷蔵庫に移してたら、添付の写真のようなおまけが箱に入っているのを発見しました。

ビールのコースターとして使った後、鉢に植えると織り込んであるタネが芽を出すというものらしく、子供にやらせるのも楽しいかな、と。

ちょっとほのぼのしたので共有。写真撮るの下手ですみません。

↓「手間いらず」ってのに惹かれる↓

f:id:YOME:20200326045245p:plain

英国人の手書きメモ

一歩も外に出ないと書けることがないので、どうしたもんか…

そんなわけで引き続き子供のお勉強にお付き合いしてます。

宿題パックの中に「Hand writing」というのがありまして、指示としては「毎日練習しましょう」くらいしか書いておらず、手書きって具体的に何を書くんだよ?と。

日記なのか手紙なのか、ただ単に単語なのか、とりあえず子供に直接学校で何をやっているのかちょっと聞いてみました。

筆記体の練習だそうですよ、筆記体

イギリスに来て働くようになり、だーれも筆記体で書類やメモを書いていない、ともすれば「書けない」し「読めない」という現状を目の当たりにして、中学生時代に散々書かされた私が暴れ出しそうだったのを思い出しました。

オットの年代では学校で筆記体を教わっていなかったそうで、オットは一応まじめに英語の先生をやってましたので筆記体を読めますが、実は書く方は自信がないと言っておりました。いや、もともと手書きの字の汚さがすごいのでたまに解読できないんですけどね。定年退職された専務の指示メモがこの世で一番読めない手書き文字で、こっそり同じ部署の最年長さんに読んでもらってたりしましたが、まあ、それは置いといて。

日本人全員が草書体を読み書きできるわけじゃないようなものなのかな?と思いつつ、逆に筆記体の読み書きができても草書体はお手上げな私は一体なんなんだ、とアイデンティティの混乱。(ウソ。骨の髄まで日本人。)

なんにせよ、ひらがなや漢字の練習と同じでひたすら書くしかないので、ネットで拾ってきた練習シートをプリントアウトして書かせてますが、「ゆっくり丁寧に書きなさい」という指示に従って、小一時間かけてくれるのでお母ちゃんとしては大助かりです。

いろんな練習シートがネット上にありますから、日本では英語が小学校から必修になるそうですし、ブロック体のアルファベットはもうわかってるけど現在休校中で暇を持て余しているお子さんがいましたら是非ご活用ください。

リンクを貼っていいのかわからないので検索ワード: joint writing practice sheets

 ↓私の手書きも人のこと言えないけどね↓

f:id:YOME:20200325024557j:plain

半分くらいまでくると書き方が投げやりになってきてますが。

最低3週間の完全封鎖

私はものすごく試されています…

イギリス式で掛け算を教えるのってどうすればいいのさ、という壁にいきなりぶち当たってしまい、とりあえず算数の時間はなんとなくごまかしながら進めたものの、このままじゃ共倒れ必至なのでこれを予約投稿した後でリサーチしまくる予定です。うひー…

週末からずっとお天気が良くて、ご近所では本日庭仕事が盛んに行われていました。

みんながみんな「自宅勤務」できる職種ではないでしょうから、月曜の昼日中から庭仕事してても、まあそれはいいんですけど、うるさい方のお隣さんとそのさらに隣のカップルさんたちが、お隣さんの庭で楽しくランチ会を開いているのはどうなんだろう?

下の子のお昼寝のタイミングで庭でガンガン音楽かけて、中途半端な時間に起こされた下の子のご機嫌をとりつつ、上の子のお勉強に付き合って、初日だと言うのにてんやわんやで結構ぐったり…

こちらの小学校は3時に終了なので、お勉強の方もそこで終了ということにして、お遊びタイムに移行してその隙に家事を片付けてたんですが、ふと表の方を見ると、1台の車からお隣さんと2軒先さんが仲良く買い物袋を下げて降りてきました。お〜い?なにやってくれちゃってんのー?

お隣同士で仲が良いのは素晴らしいことですが、他人との接触を避けるようにと言われているにも関わらず、ランチ会&車同乗ってどうなんかね?と仕事の休憩でコーヒーを飲みにダイニングに降りてきた夫に愚痴ったら「That’s exactly the issue Millennials causing all over the UK.(90年代生まれがUK全土でやらかしてくれて問題になってるんだよね)」と、冷静な回答が来ました。

「Lockdown is on the way because of that(それで全土封鎖も検討されてるんだし)」なんてしたり顔でのコメントだったんですが、夜にはニュース速報で封鎖が決定ですよ。

「煩さ隣さん」は仲良くなるとべったり仲良しするタイプと分析しているので、年代で一括りにするのもどうかと思いますが、きっとその傾向が強いんでしょうねぇ。

しかし、ボリスは「オンラインショッピング」を活用しろって言ってるけど、スーパーのサイトはログインもできない状態だし、本当に外に出られない人は大変だろうなぁ…

↓気分的にこんな感じ…義母はこれをみながらなぜか爆笑してたそうです↓

f:id:YOME:20200324070710j:plain

天気はこんなにいいのに…

鎖国決定〜

お葬式以外の人の集まりはダメです、って…

1日1回の「運動」はOKらしいですが、道端で踊って運動だって言い張ってもいいのかな?

www.telegraph.co.uk

↓ベストヒッツ!!↓